ブラジル日本文化福祉協会

pavilhaohome edificiohome museuhome kokushikan blibliotecaacervo bunkyonethome

文協シネマ: ALWAYS三丁目の夕日 (2月7日・13時~)

bunkyo cinema

『ALWAYS 三丁目の夕日』

上映日時: 2月7日・13時~

場所: 文協小講堂 

料金:無料(座席指定なし)

あらすじ
昭和33年のある日、青森出身の星野六子は東京夕日町三丁目にある鈴木オートに就職が決まり上京してきました。持ち前の根性と明るさで次第に仕事に慣れていった六子は、鈴木家にも馴染んでいき家族の一員のようになっていきます。 一方、鈴木オートの向かいに住む売れない小説家・茶川竜之介は、ある日片想いしていた飲み屋の女性・ヒロミに頼まれて身寄りのない男の子の面倒を見る事に。淳之介と名乗る少年を初めはうっとおしく感じていた茶川でしたが、茶川の小説のファンだという淳之介に次第に愛しさを感じていきました。

クリスマスの日、勇気を出してヒロミにプロポーズした茶川。その時は喜んで受けてくれたヒロミでしたが、父親の入院費用で多額の借金をしていたヒロミは翌朝茶川の前から姿を消してしまいます。落ち込む茶川のもとに、淳之介の父親が大手会社の社長だという一報が。 父親は淳之介を引きとりに来るといい、茶川は自分の下で暮らすより良いだろうと自分に言い聞かせ、淳之介にわざと冷たく接します。しかし父親のもとへ行く事を嫌がった淳之介は結局茶川のもとへ帰り、2人は本当の親子のようになりました。 同じ頃、母親が冷たいからと青森への帰省を渋っていた六子。しかしの則文の妻・トモエは、六子に里心が付かないようにわざと冷たくするのが親心だと教えます。母親の想いを知った六子は青森へ帰省し、六子の見送りを済ませた鈴木家は夕日が照る中、建設中の東京タワーを眺めるのでした。

詳細: (11) 3208-1755 | www.bunkyo.org.br | www.fjsp.org.br

  実行委員会:ブラジル日本文化福祉協会
  共催:国際交流基金

ALWAYS 三丁目の夕日
監督: 山崎 貴
製作総指揮: 阿部 秀司
音楽: 佐藤 直紀
公開: 2005年
上映時間: 132 分
ジャンル: ドラマ/家族向け
字幕:ポルトガル語

Facebook-BunkyoTwitter-BunkyoMuseum of the Japanese Immigrationinstagram

REFORMA PARCIAL
ESTATUTO SOCIAL

>> 03.12.2015: Resolução conjunta CD/Diretoria para constituição da Comissão de Reforma do Estatuto do Bunkyo
>> 10.09.2015: Reforma parcial do estatuto do Bunkyo
>> 27.05.2015: Conselho Deliberativo institui a Comissão de Reforma do Estatuto do Bunkyo
>> ESTATUTO SOCIAL